榎戸誠の情熱的読書のすすめ -3つの読書論・ことばのオアシス・国語力常識クイズ(一問一答!)-

本当に行きたくなる、世界の素敵な場所が詰まった写真集・・・【情熱的読書人間のないしょ話(1292)】

【amazon 『世界でいちばん素敵な場所』 カスタマーレビュー 2018年11月6日】 情熱的読書人間のないしょ話(1292)

我が家の庭の餌台にスズメがやって来ました。豆を銜えながら、こちらをジロリと見ています。女房も私も、固くて歯応えのあるジロウガキ(次郎柿)が大好きです。

閑話休題、『世界でいちばん素敵な場所――明日行きたくなる』(柏木マチ子構成・執筆、一迅社)は、旅行熱を激しく掻き立てられる写真集です。

ミクロネシア連邦の「世界でいちばん虹がかかる島」ジープ島は、息を呑む美しさです。「360度美しい海に囲まれた、直径34mの小さな島。チューク環礁内にある島なので、波はいたって穏やかです。特筆すべきは、島に害虫(蚊やハエ)がいないこと。そのため、夜は野趣たっぷりに星空の下で眠ることもできます」。

ベネズエラのエンジェルフォールは「世界でいちばん高く遥かな滝」です。「落差979mというと、東京タワー(333m)およそ3つ分です」。

東京都の大田区とほぼ同じ面積の、ヨーロッパのサンマリノ共和国は「世界でいちばん歴史ある共和制国家」です。1700年以上続く世界最古の共和国は「4世紀初頭、マリーノという石工がローマ皇帝によるキリスト教徒迫害を逃れて、この血にたてこもり、共同体を作ったことが建国の起源とされています」。

アメリカのホワイトサンズ国定記念物は「世界でいちばん、まばゆい純白の丘」です。「見渡す限りの純白の砂漠、それがホワイトサンズ国定記念物です。この真っ白い砂は、アラバスターという雪花石膏」。面積700㎢超の世界最大の石膏砂丘の遥か遠くまで続く風紋に吸い込まれそうです。

クロアチアのフムは「世界でいちばんコンパクトなかわいい村」です。「フムはイストラ半島にある、人口約20人の村。おとぎ話に出てくるような石造りのかわいいおうちが並んでいます」。こういう所でのんびりしたいですね。